トップ / コントロールカラーで調整する

くすみやクマを調整するために

肌の色合いや目の下のクマ、くすみ、ほうれい線など、ミネラルファンデでカバーしきれないところは、コントロールカラーで調整してみましょう。上手にカバーできれば、少量のファンデでも綺麗に発色することができます。

ただし、コンシーラーと違ってコントロールカラーも出しているミネラルファンデのメーカーは少ないため、天然成分にこだわると選択肢は少なくなります。

コントロールカラーは色選びが仕上がりを左右します。例えば、青白い肌なのに寒色系を使ったり、赤みを帯びているのに暖色系を使うと欠点を増長します。

また、コントロールカラーは使い過ぎにも注意しましょう。オレンジを顔全体に使うと「ミカン」、イエローなら「レモン」みたいになるからです。あくまでも気になるところにポンポンと乗せる程度。パフジャーを使えば薄く付けられて便利です。

これらを踏まえて肌のトラブル別にコントロールカラーを選ぶとしたら、ピンクはクマを消したり血色良く見せたい時に使います。イエローはくすみや肌色の濁りをカバー。もう少し色が濃いオレンジなら、ほうれい線やたるみによる影を消せるでしょう。赤みが気になる時はブルーを。中間色に近いグリーンなら柔らかい仕上がりになります。

ラベンダーやバイオレットなど、紫色のコントロールカラーは肌のくすみを消すだけでなく、顔色を華やかに見せたい時にも使えます。その場合は、Tゾーンや顎、目の下など顔のハイライトになる部分に入れると綺麗です。同時に肌の透明感もアップします。

汎用性を考えると、肌をカバーしつつ演出もしてくれる紫色、赤みをカバーする寒色、影を消しつつ肌を明るく見せてくれる暖色、この3色セットで販売するのが一般的です。肌のコンディションに応じて上手に使い分けましょう。

Copyright © 下地不要のミネラルファンデ. All rights reserved.