トップ

魅力と下地の上手な選び方

天然の鉱物で作られた「ミネラルファンデーション」は、肌への負担が少ないことから敏感肌やアトピー、ニキビ肌で悩む女性を中心に人気を集めています。ミネラル100%なら、界面活性剤のような化学物質やシリコン、保存料は使われていません。また、油分も含まないのでクレンジングは不要。石鹸による洗顔だけで落とせます。

ただし、ミネラルが主成分であれば、100%で無くてもミネラルファンデと表示できるので、購入の際には何が含まれているのか、しっかり確認したいものです。ミネラルファンデーションをお探しならこちら。

ミネラルファンデに使われるのは、肌の刺激を和らげる「酸化亜鉛」やカバー力が高い「酸化チタン」。これら2つは紫外線を反射する能力が高く、普段の生活で浴びるSPF20程度の日焼け防止効果も期待できます。他にも、シリカが毛穴を目立たせなかったり、タルクが肌をなめらかに見せてくれます。

ミネラルファンデを使うと、薄付きで素肌っぽい仕上がりになります。微粒子が細かいので自然に見えるのです。まずは十分に肌へ水分補給をして、サラサラな状態になってから使います。顔の数か所にブラシで粉を乗せて、均一に広げます。この時、長めのブラシを使うとナチュラルに、短めのブラシを使うとしっかりした仕上がりになります。

微粒子が細かいので、時間が経つと皮脂と混じり合って馴染み良くなり、化粧直しが不要になるのは嬉しいところです。シミや毛穴など気になるところは、アイメイク用のチップを使った重ねづけで、ある程度カバーできます。濃淡2色揃えておくと、こうしたカバーに加えて、顔の立体感を出すのに使えるでしょう。

良いところ尽くしのミネラルファンデですが、どんなに工夫しても、それだけではカバー力に不安があるのも事実です。特に肌のコンディションが良くない時は、下地を使いたくなってしまいます。けれども「コンシーラー」「コントロールカラー」「シルクパウダー」を駆使すれば、わざわざクレンジングで肌に負担をかける下地を使わなくても大丈夫なのです。

Copyright © 下地不要のミネラルファンデ. All rights reserved.